FC2ブログ
恋するってどんな感じ?好きな人と結ばれたときってどうして幸せを感じられる?女性の恋愛と恋するカラダの不思議を考察する恋愛バラエティ番組です。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

マンネリの関係はフェニールエチルアミン分泌量低下のせい?

2016-02-03 Wed 17:46

93d6913da963d3f66cf705fb653660d0_s.jpg

"フェニールエチルアミン"とは?

人が恋をすると脳内ではそのシチュエーションに応じて様々な快楽ホルモンが分泌されますが、そのホルモンの一種、"フェニールエチルアミン"にはどのような作用があるのでしょうか?

恋をして、その人のことが好きすぎて、、食欲がないの・・・
食事も喉を通らないほど、その人のことばかり考えているの・・・

こんな恋愛によくある症状は、実はこのフェニールエチルアミンの作用かも?

実は、フェニールエチルアミンには食欲抑制効果があると言われています。

好きな人により好かれたいと願い、女性がダイエットに励むことができるのも、そんなフェニールエチルアミンが理由の根底にあるのかも??

また、フェニールエチルアミンは興奮系のホルモンであり、恋愛モード真っ最中こそ、大量に分泌され続けるホルモンですが、どんなにラブラブなカップルも、長い歳月を共にすることで、徐々に分泌量が低下していくそうです。

つまり、

「あんなに好きだったのに、最近あまリ彼に情熱が無くなってしまった・・・」
「私に対する彼の優しさと愛情は特に変わっていないのに、私が好きでなくなってしまった・・・」

このような女性心理の背景にも実は、このフェニールエチルアミンの分泌量が影響している可能性があるということです。

しかし、これがいわゆるマンネリの関係。

要所要所に、フェニールエチルアミンがまた分泌されるような"何らかの刺激"が加わることで、このマンネリ状態を避けてラブラブ状態を続けていくことができるのです。

【マンネリの関係、その原因は?】

スポンサーサイト

別窓 | 知るとますます不思議な男女の性 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<"エストロゲン"が不足すると・・・? | 恋する女子脳スピリチュアル | 性交渉によって育まれる恋愛ホルモン"オキシトシン">>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 恋する女子脳スピリチュアル |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。