FC2ブログ
恋するってどんな感じ?好きな人と結ばれたときってどうして幸せを感じられる?女性の恋愛と恋するカラダの不思議を考察する恋愛バラエティ番組です。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

至福の時間は独り身でも感じられる?

2015-12-28 Mon 08:41

7f7680d22ef6ba845f0f0cd14e4bbc3f_s.jpg

未婚女性の意見に注目し至福の時間について考察しました。

戦後日本の団塊の世代婚の時代と異なり、現代は皮肉にも空前の未婚ブームと表現しても言い過ぎにはならないかと思います。

特に人口密度の高い都市部では未婚の40代、50代男性、女性が急増。

しかもその理由について、婚期を逃したと苦笑いの解答が多いかと思いきや、実はそもそも結婚をする気がないと答える方が多いことに驚きます。

ある女性はこう語ります。

「20歳で東京へ出てきて、単身OL生活で生きてきて今39歳。もちろん20代の頃は恋人も居ましたが、そもそもあまり結婚にこだわらなかった私はプロポーズを断った人も居ました。どうして結婚しないの?とか結婚アルアルをよく友人に説明をうけて、煽られることもあるのですが、私は煩わしさと寂しさなら寂しい方がまだマシだと感じて生きています。」(※占いの部屋アンケートより)

至福の時間は独りでのみ味わえるもの。パートナーとの共通の時間に幸福な時間は見出せないと答える女性も居ました。

男性の意見で多かったのは、「婚期を逃した」が1位。「縁がなかった」が2位でした。

結婚をしようという意思はあるものの出会いに恵まれなかったという部類に属する回答が多く寄せられました。

しかし50代の方の回答に目を寄せると、回答内容に徐々に変化が現れます。

「生涯未婚!と開き直っていた40代が終わり、いよいよ定年退職や老後の人生が見えてくるに従い、様々な不安な気持ちに襲われるようになりました。以前から分かっていたことですが、目の前の現実は近づくにつれて深刻さを増すもの。身体の心配ごとが増えたのが一番の理由かもしれません。」

これを答えてくださった女性は56歳、服飾会社経営の自営業の女性でした。

至福の時間とは何も独りの悠々自適な生活だけではなく、安堵のひとときを含んでの余生なのかもしれません。



スポンサーサイト

別窓 | 知るとますます不思議な男女の性 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<男は甘える女性やブリっ娘女性に弱い? | 恋する女子脳スピリチュアル | 恋人の一言一句をどのように受け止めるべきか?>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 恋する女子脳スピリチュアル |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。