FC2ブログ
恋するってどんな感じ?好きな人と結ばれたときってどうして幸せを感じられる?女性の恋愛と恋するカラダの不思議を考察する恋愛バラエティ番組です。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

恋愛真っ最中!そのとき、脳の内部では?

2016-04-22 Fri 12:30

f4ed73455fde111cbf60b55902d7b9c6_s.jpg

人が恋に堕ちるとき… 脳内では脳内麻薬と呼ばれるβエンドルフィンが分泌されています。
ロマンスの時間に酔いしれ何ともいえない高揚感と幸福感に心は満たされます。

この快楽はSEXにおける絶頂とは異なる現象です。
SEXにおける快楽はもちろん相手を愛する感情と入り混じっている場合、高い高揚感が得られますが、肉体の快楽の要素が強いため種が異なると言えるでしょう。

恋愛はときに、病気であるほか、中毒症状として語られることがありますが、依存性の高いものなのです。

恋愛初心者の学生時代、好きになった相手を見たり話したりするときに、緊張で上手に会話できなかったり、男子の場合はつんでれ行為で逆に避けてしまったり、興奮した経験を覚えている人は多いでしょう。

これは恋愛をしたときに脳内を幸福感が覆い、PEA(フェニールエチルアミン)と呼ばれる物質が分泌されるためと言われています。

この物質は、ホルモンの一種であり、別名「恋するホルモン」と仮称されることでメディアなどでも時々話題となるホルモンです。

恋が病気という点で、女性に多い症状として、食欲がわかなかったり、過酷なダイエットも乗り越えられてしまうということがありますが、それは、このPEAのしわざと言われています。

〔恋愛真っ最中!そのとき、脳の内部では?〕

スポンサーサイト

別窓 | 知るとますます不思議な男女の性 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 恋する女子脳スピリチュアル |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。