恋するってどんな感じ?好きな人と結ばれたときってどうして幸せを感じられる?女性の恋愛と恋するカラダの不思議を考察する恋愛バラエティ番組です。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

恋する女子脳スピリチュアル

2020-04-01 Wed 12:00

86652d58125e3dd0ff1294f809a379d8_s.jpg

恋してるってどんな感じ?至福のときってどんなとき?

彼氏と見つめ合っているとき?
本能のままに愛し合っているとき?
長い間、想い続けた異性と両思いになれた瞬間?
遠距離恋愛で会えない二人がようやく再会できたとき?
大切な恋人への愛のプロポーズの瞬間?

会えなくたってそのもどかしさにキュンとなる瞬間が="恋している"と感じる人もいるでしょう。

視覚や本能で恋をする男性と違って、女性は、男性からの言葉やそのボイス=つまり、聴覚で恋をする生き物と表現したりもします。自分のセックスアピールに興味を抱いて甘い言葉を囁いてくれる人、自分を理解して優しく受け入れてくれる人に女性は好意を抱きやすい生き物なんです。

恋は病

遠い昔より人々は「恋は病」と表現し、恋はひとたび発症すると病気のように重く切なく悩ましいものであると例えてきました。

確かに恋愛は時として病気のように男女を苦しめます。
会いたくて会いたくて切ない気持ち、片時も離れることなく脳裏にある恋人の存在。

仕事も勉強も手につかず、心臓の鼓動は速く脈打ち精神は疲労します。

400027041cc82d2f7cee1d2f4066dbe9_s.jpg
報われない恋もある

もちろん叶わぬ恋もあるでしょう。
実らぬ努力もあるでしょう。

打ちひしがれた先に暗闇をさまよい苦悩するのが恋の一部。そんな辛く切ない時間が女性をより美しく大人の女性へ成長させます。そしてこの苦難を時間の経過とともに乗り越えバネにして強く生きていこうと前を向き歩きはじめるのです。

切ない片思いから一変、恋が成就する瞬間

一方、この恋の病から一気に開放される場合があります。

それは想いが成就したときです。

思いの丈を相手に伝え相思相愛を確認しあったとき…
好きな男性から告白を受けたとき…
すでに交際している関係であれば、会って愛を確認しあったとき…
はじめて二人が結ばれたとき…

プラトニックな関係を育めば育むほどに結ばれたときの2人の愛のエネルギーは大きくなります。

aac0e4d3a859086345fc39a7cecfc7cd_s.jpg
好きな人と至福のときを過ごしているとき脳では?

脳内では脳内麻薬と呼ばれるβエンドルフィンが分泌されることで女性は最高の"幸せ"を味わうことができるでしょう。

ロマンスの時間に酔いしれ何ともいえない高揚感と幸福感に心は満たされます。

この快楽はSEXにおける絶頂の瞬間とは異なるものです。SEXにおける快楽はもちろん相手を愛する感情と入り混じっている場合、高い高揚感が得られますが、肉体の快楽の要素が強いため種が異なると言えるでしょう。

恋愛感情は解釈として、たとえば、病気であるほか、中毒症状として語られることがありますが、依存性の高いものなのです。

恋愛初心者の学生時代、好きになった相手を見たり話したりするときに、緊張で上手に会話できなかったり、男子の場合はつんでれ行為で逆に避けてしまったり、興奮した経験を覚えている人は多いでしょう。

これは恋愛をしたときに脳内を幸福感が覆い、PEA(フェニールエチルアミン)と呼ばれる物質が分泌されるためと言われています。

この物質は、ホルモンの一種であり、別名「恋するホルモン」と仮称されることでメディアなどでも時々話題となるホルモンです。

恋が病気という点で、女性に多い症状として、食欲がわかなかったり、過酷なダイエットも乗り越えられてしまうということがありますが、それは、このPEAのしわざと言われています。

また、幸福とはかけ離れますが、恋に破れふられてしまったとき、今尚愛している異性を失った時に脳内に分泌されるのがセロトニンという物質。

悲しみや辛いことに直面したときに私たちの人体ではこの物質を脳内に解き放ち、苦難を乗り越えようとする、いわば薬のような役割を果たします。つまりはすべて"脳がそうさせている"、わたしたち人間の意思ではなく本能に近いものなのかもしれません。

恋する女子脳スピリチュアルではこうした幸福を感じる瞬間における脳内の活動や異性との恋のエピソード、男女の恋の不思議について様々な視点から自然学を学ぶコラム番組です。

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | ∧top | under∨

恋する女子必見!2017年 夏の星座別占いランキング

2017-07-03 Mon 23:19

9ad089af2e483cfa28df16214b151c6a_s.jpg

2017年ももうすぐ上半期が終わろうとしています。
そしてやってくる夏。

今年の夏こそは彼氏がほしい!
恋愛がしたい!

そう願うも、単調な日々と現実。
ろくに出会いも無いまま、意中のカレとも進展が無いまま。。

「私には恋愛運が無いのかな。。」

そんな悩める女性必見!12星座別に占う2017年の恋愛占いです♪

6月からは全体的にパワー上昇の傾向にあります。ホロスコープでは、5月まで荒れていた星々の運行がようやく6月に穏やかになり、全体的に恋愛運は上昇する傾向にあるようです。

スピリチュアルの視点からも同様、雪解けのように運気は改善していくものと思われます。
現在悪い結果をお伝えしている星座の方も、上昇の気運と方法は確実にあるものです。
日々こつこつと諦めずに改善に励みましょう。

1位 牡羊座
恋愛運に正のスパイラルが見受けられます。意中の人の存在があるようなら想いを打ち明ける好機です。結果を恐れず踏み出す勇気を。

2位 てんびん座
何かきっかけがあればすぐに仲が深まるチャンスです。意中の相手にお菓子や日用品等など、何か小さなプレゼントをさりげなく贈ってみると吉と出ています。

3位 いて座
新しい出会い、恋の予感があります。また、今ある恋も貴女自身が成長出来れば、無償の愛を注げる人へと発展するかもしれません。その恋がやがて結婚に至ることも。

4位 おうし座
想い続けていた恋が実る出来事が起こるかも。気さくに相談できる友人へアドバイスを求めると的確な答えが得られそうです。
。その想っていた時間が長ければ長いほど、意中の人は振り向いてくれるでしょう。

5位 ふたご座
恋する季節はまだまだ先になりそうです。過度な期待はせず、焦らずじっくり過ごしましょう。現在、大切な人がいる人はその状態を維持しましょう。また想いを告げたい人は勝負に出るより、まずはゆっくり自分磨きを。ネイルや髪等、身体の末端をケアする事で運気は改善します。

蟹座
異性との距離が縮まらず悩みの多い季節です。受け身になっていても状況は改善しません。あなた自身が積極的になって行動を起こすことも大切。奇抜な行動が思わぬ奇跡を起こすことも。

獅子座
友人や家族など、周りの事が気になって行動しづらい季節です。周囲の声ではなく貴女自身の想いが大切。結果身勝手な行動になってしまっても今なら大丈夫。その想いを純粋に上げて生きましょう。

乙女座
何か変化が求められる季節。何が起きても大らかな気持ちで接することが大切。そうする事で異性との距離は一気に縮まり、恋が成就するかも?

蠍座 蠍座
運気は春から初夏にかけて低調です。しかし近々あなたの恋の運気は劇的に変化を遂げます。思いがけぬ出会いがあるかも。焦らず、今は落ち着いてキューピットの出現を待ちましょう。

山羊座
異性へのアプローチを今までと変えてみるのも吉です。意外なところから恋が芽生える可能性も。テリトリーを広げてアンテナを張り巡らせてみては?

水瓶座
恋愛運だけでなく総体的に運気は低迷気味。あなたがあなた自身にこだわり続ける以上、新たな出会い、発展はありません。内気にならず、広い視野とおおらかな思想で、異性と接することが大切な時期です。

魚座
あなたの魅力が存分に発揮できる季節の到来です。恋のチャンスは多々ありますが、その分周りからやきもちを買ってしまうこともあるので注意が必要です。あまり欲張らず、射止めたい異性だけをターゲットにする一途な気持ちが大切。

関連リンク:
当たる電話占いはどこ?実際に試した人の口コミランキング!

別窓 | どうすれば上手く恋愛ができる? | コメント:0 | ∧top | under∨

幸せは人それぞれの感じ方

2017-02-08 Wed 22:07

b19a3084778fa488a0f945941ff3a20b_s.jpg

"幸せ"は、自己にある魂を解き放ち幸福に満ちあふれた人生を送るスピリチュアルな世界観の中にある幻想。人が生きるうえで必ず必要な「食」や「眠り」「性」などの本能的な分野において、負の感情、平坦な感情以上の気持ち、=すなわち"幸せ"を体感する際の狭間にあるもの。それが"幸福感"であると私は考えます。

ふだん贅沢な外食をしない人が時々食べるレストランの味は至福の喜び。
遠距離恋愛中のカップルが久しぶりに再会できる幸せ。
仕事が忙しく、あまりゆっくり睡眠が取れていなかった人にとって目覚まし時計無しのたまの休日の休息が喜び。
ずっと長い間、病に伏している方にとって、健康になって社会に復帰できる喜び。

生きているだけで素晴らしいことですが、それを人はそのことにいつしか慣れすぎ感謝することを忘れてしまうものです。

病気を患って初めて気づく、健康であることの喜びや、当たり前に平均睡眠時間を休息できることの喜びは、お金では変えないかけがえのない幸福と喜びであり、こうした足元の気づきにくい日常にこそ"幸せ"はあると私は信じています。

悪夢のような現実と向き合っている方がいるとすれば、その闇から脱したときのたわいもない日常に幸せを感じるように、平凡で何もない日常に至福を感じられる感覚を養いましょう。

別窓 | 幸せになりたい!どうすれば…? | コメント:0 | ∧top | under∨

古代~中世に造られた神秘的なモニュメント

2016-06-22 Wed 16:44

54ed3f3324fdba0a4df47d9b217d3cf5_s.jpg

東アジア文化圏では神聖な遺物等を納めたストゥーパ(※古代インドの丸く土を盛上げた墳墓のような建造物)と呼ばれるを発祥として、神聖なる器や安置所を意味する地がモニュメントとして存在しています。そこに奉納される物品は様々なものがあり、私たち人間がこうした塔に出入りすることなどあり得ないと考えられてきました。

たとえば西洋の塔は、この人間界と天上界を結ぶ聖なる塔としての意味が強く、人間が中に立ち入ることができることも時として求められてきました。

宗教の観点で考えれば、戦勝や建国などの考えはこうした記念のモニュメントとしての塔が造られることもしばしばあったようです。

最近では都市部にランドマークとしての様々な高層タワーが建造されていますが、東南アジアの文化圏における「塔」の存在は、モニュメントとしての性格を合わせ持ちつつも、人々が訪れる事のできる神々の居住空間であり、聖域です。

また、情報伝達としての塔の要素もあり、たとえばキリスト教会に見られる「鐘塔」や、イスラム教などにみられるモスクのような建造物は宗教上のモニュメントの要素を保ちつつ、信者に対して祈りの時間を知らせるための役割を併せ持っています。そのため、そのときどきの技術で最高の高さで作られていったということは歴史書物から解き明かされています。

こうした宗教上の要素よりも旧約聖書などに登場するバベルの塔のような実存するか定かではないカタルシスな世界観で生み出された幻想(理想郷)なのかもしれません。

宗教上のモニュメントが乱立された時期がある?
5887434152_8d15699752.jpg
こうした宗教の思想が世界に広がっていったのは、ヨーロッパ諸国が大航海時代を迎えたころ。先駆者となり海を渡った男たちによって広められたと考えられています。

イギリス南部・ソールズベリー近郊にある謎のタワーとして今尚研究が続く、「ストーンヘンジ」。
このタワーも、いつ誰がどんな目的でどのように作ったのか、多くのミステリーに包まれています。

それから、「ピサの斜塔」。
イタリアのピサ市にある、ピサ大聖堂の鐘楼ですが、八層の円状のタワーで、高さは約55メートル。当時としては驚愕の高さであったと考えられています。10.5メートルまで建てたとき、地盤の陥没で傾斜したものの、そのまま建造を継続し長い歳月をかけ今の姿になりました。

当時を生きた人々の思想にも古代インドの宗教思想が強く根付いていたものと考えられるのです。

【中世から受け継がれる古代インドの宗教思想】

別窓 | 幸せになるために | コメント:0 | ∧top | under∨

恋する脳内に分泌される様々な幸せ物質

2016-05-30 Mon 22:04

737585d9daa2e6a82e1ea65ae4111f5b_s.jpg

わたしたち人間は恋に堕ちると脳内に麻痺とよく似た現象が生じます。
麻痺という意味では、麻薬によって脳内に幻覚が起きているような現象と類似していると表現する学者も。

これは、「感覚を司る脳の神経が興奮を抑制することで、脳の中枢に快楽を生じさせる」現象によって引き起こされています。この作用によって私たち人間は瞬間的に高揚し、頬が赤く染まるような淡い感情を抱くのです。

「恋をすると世界が違った景色にみえる」といった表現をよくしますが、科学的観点から考えても、これは根拠がある説で、ある種、幻覚のような現象が起きているといっても過言ではないのです。

脳の中で起こっているこれらの不思議な現象によって、自己を取り巻く世界がロマンチックな情景に感じられるようになることで女性はおとぎ話のメルフェンの世界にいるような至福の瞬間に包まれます。

これに反して「痛み」「悲しみ」「嫌悪」など負の感情に覆われることでも中枢神経は麻痺します。

ただしこうした辛い感情ですら払拭するのが恋の力。女性は辛いことや悲しみを恋する感情で打ち消すことができる唯一の生き物なのです。

恋することで脳内に分泌される幸せホルモン

私たち女性が男性と恋をして感情が高まると、脳内には、「ドーパミン」「ノルエピネフリン」といった幸せ物質が分泌されます。これらの分泌によって鼓動が高まり、胸がドキドキするような、興奮の感情を体感できます。

明日もがんばろうという気持ちや生きる希望が沸いたり、やる気に満ち溢れることができるのもこれら幸せ物質の"しわざ"なのです。

また、好きな異性に夢中になっている間はこれらの幸せ物質は分泌しつづけ、常に相手のことを考えてしまったり、性的興奮を感じたりするのもこうした分泌成分が影響をしているためです。

他にも、恋愛中の脳内では、「オキシトシン」という物質が大量分泌されます。

通称「繋がりの神経物質」と呼ばれる物質ですが、この分泌がもたらすのは、人との絆や愛着心です。

海外のある実験において「オキシトシン」を投入したマウスと、投入していないマウスとで比較をしたところ、オキシトシンを投入したマウスのほうが早く異性と交尾をまぐわったという実証結果もあります。

さらには、神経伝達物質「セロトニン」も恋愛によって分泌されます。
「セロトニン」は、精神を健康に保つうえで欠かすことのできない物質ですが、この「セロトニン」が不足しておこる症状が鬱や、パニック障害、強迫性観念といった精神疾患です。

つまりは恋する脳はこれらの精神疾患を予防するにも良いことであり、恋愛の初期段階では、多くの人が相手に夢中になるあまり執着する傾向にあるのはセロトニンの減少がひとつの要因にあるためと考えられています。


別窓 | 知るとますます不思議な男女の性 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 恋する女子脳スピリチュアル | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。